バイナリー88が日本人投資家に人気の理由とは?

shyyfyd4oiwed バイナリーオプションを扱う業者には古参から新規参入型まで色々ありますが、2009年にサービスを開始した『バイナリー88』は新規の範疇に入る業者と言えるでしょう。日本人に使いやすいサービスを充実させた点が注目を集め、新規参入業者であるにもかかわらず日本人投資家の間でも人気業者となりつつあります。

実際の取引に使うツールまでも日本語表示に対応させていますから、「英語ができない」という人も安心。また取引方法やツール表示がわかりやすいので、投資初心者にも向いている海外業者です。

バイナリーオプション(BO)を扱う業者は、海外だけでなくもちろん日本にも多数在ります。ところが国内のBO取引については金融庁の厳格な規定下に置かれており、取引の自由度は年々下がっている状況です。BO取引が「投資」ではなく「賭博性が高い」と政府当局が捉えた故に、様々な部分に強い規制がかけられました。規制後の国内業者のサービスを見てみると、BO取引ならではの特長は殆ど無くなっており、敢えてBO投資を選ぶ理由がそこには感じられません。

そのため、BO取引を行う投資家達は一斉に国内業者を離れ、海外の業者を選ぶようになりました。特に日本語のサポート能力が高い業者が好まれ、これを切欠にして『バイナリー88』が多数の日本人ユーザーを獲得するようになったのです。現在も『バイナリー88』を選ぶ日本人投資家の数は増加しており、今後も人気が上がることが予想されます。

『バイナリー88』では、「海外業者ならでは」という日本の規制下では行えない多数の取引方法を用意しています。例えば「ターボ・オプション」。「超短期取引」とも呼ばれるこの取引方法は「60秒・120秒・300秒」という三つの設定のいずれかを選択し、この非常に短い時間の間の予測を行うものです。

BOらしい短期集中スタイルを存分に愉しめるだけでなく、「最大178%」という抜群のペイアウトも見逃せません。1回の取引では最大5万円までのチケットが買えますから、最大倍率で予測を当てられれば、50,000×178%でペイアウトされるのは8万9千円。60秒程度という僅かな時間で一気に4万円近い収益が見込めるというのは、大きな魅力と言えるしょう。

投資初心者の中には「海外業者だから」と一括りに海外業者を避ける人もいますが、世界中にインターネットが網羅されている現在、「国内/海外」という壁はどんどん薄くなって来ている状態です。例えば海外業者というと、かつては「入出金が煩雑で時間がかかる」という問題がありました。しかし『バイナリー88』はこの問題もクリアしています。

「ネッテラー(オンライン決済サービス)」を導入した他、クレジットカードでの入金にも対応。出金についても5営業日以内で手続きが完了し、スムーズに出金することが可能です。

クレジットカード出金の場合には、入金額以内の出金であればカード会社経由での「返金手続き」という形で出金手続きが行われます。ただし入金以上の出金額がある場合、銀行振込となるので注意しましょう。なお「ネッテラー」を使えば、金額の多寡に関わらずネッテラー口座に出金されますし、処理もスピーディです。「ネッテラー」を開設しておけば、『バイナリー88』のサービスの快適度は更にアップすると言えます。